IT・プログラミング

開発パスから脱線してpythonを学ぶ

これまでHTML/CSS編を進めて、開発パスだと次はJavascriptの予定だったけど、これを変更!
なぜかというと・・・

HTMLはブロックを少しずつ積んでいって、コツコツと完成につなげていくイメージ。
Javascriptは関数を定義して、その関数の動きでいろいろなことに対応するイメージ。

軽くかじってみたけど、この2つの言語を一気に習得して覚えていくのは難しそう!
ひとつずつ時間をかければもちろんいけそう。でもそれならば

フフーフ
一つの言語である程度の処理が行えるというpythonが最初の言語としていいいんじゃないか?

と考えて、プログラミングのできる知人に相談したところ、

pythonはどんどん人気になってるし、コードがシンプルだから初心者ならpythonのがいいと思うにゃー
ちゃんねこ

とのこと。

最祖から聞けよ!とか もっとしっかり考えてから始めろよ!
と思われるかもしれない。
それはおっしゃる通り・・・

しかし初心者は本当にどんな言語があるかもわからない!あとなんか経験者の人にあんまり基本的なこと聞くと嫌がられそう!そして、「なにが作りたいの?」という質問が地味に答えられない。

そう、これからの社会にプログラミングスキルがあるといいだろうな。という漠然とした動機で字始めた初心者は、

必要に迫られて始めてないから作りたいものがない

実はこの状態の人結構いない?

本当に作りたいものがない人はプログラミングを習得していけないのか、途中で折れてしまうのか!?
そのへんも自ら体感しながら、初心者目線のpython編スタート!

スポンサードサーチ

python学習コースⅠ

Pythonに触れてみよう
1. 目標物を確認しよう

Pythonの基礎を学ぼう
2. 文字列
3. 数値
4. 計算してみよう

変数を使ってみよう
5. 変数
6. 変数を使ってみよう
7. 変数の値を更新してみよう
8. 文字列の連結
9. データ型

真偽値と条件分岐
10. if文
11. 真偽値
12. else
13. elif
14. 条件式を組み合わせよう

お買い物代金を計算しよう
15. 代金を計算しよう
16. 入力を受け取ろう
17. 条件分岐をしよう

他のレッスンと比べて、最初のステップにしては少し長め。
さっそくJavascriptにもあった条件分岐とか変数が入ってるね!

確かにコードはシンプル

Javascriptの場合 console.log("Hello");

pythonの場合 print('Hello')

微妙な違いに感じるかもしれないけど、;(セミコロン)の有無はでかい!
Javascriptではかなりの頻度で;が出てくるけど、pythonは基本なしで必要なときは:(コロン)を付けている感じ。
頻繁に出てくる;は結構つけ忘れが発生しやすいので、これが簡略化されているのは相当いい。

シンプルだけどちょっと似ている

Javascriptでも使ったifやelseの文なども出てきて、同じような使い方をしている。
どちらかをしっかり学べば、もう片方にも入りやすそう。

Javascript編をすこしかじったところではでてこなかった、inputなるコードもでてきた。
シンプルなぶん、進むのが速いのかな?

確かに初心者向けな気がする

コースの内容を見たときには、最初のステップにしては長いなーと思ったけど、簡単にクリアできる内容。

先にJavascriptで少し予習してしまったからかもしれないけど、pythonのシンプルで若干簡略化されたコードは初心者に優しい気がする。
重複する説明は2回目ということもあり、スルスルと頭に入ってきた。

とりあえずはこのまま進んで、途中で作りたいものが出てきたらいいなあ。
もしできなかった場合でも、ひとまず既にあるアプリとかを作手みるという手段もあるようなので、焦らずコツコツ進んでいこう。

それでは、また。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
卍フフーフ

卍フフーフ

3児の父。 好きなものは旅行・漫画・家族。 世界中どこでもクロックスで出かけます。

-IT・プログラミング
-, ,

© 2020 気まぐれなねじまき鳥 Powered by AFFINGER5