ブログ

9月入学のメリット・デメリット【あなたは賛成?反対?】

コロナ禍により、突如話題になったこの案。
一旦流れたように見えましたが、東京の感染者増加と第二のパンデミック・緊急事態宣言次第ではまた来年検討されるかもしれません。

そこで9月入学とはいったいどんなシステムなのか。
メリットとデメリットはどうなのかを考察していきます。

スポンサードサーチ

9月入学のメリット・デメリット

メリット

  • 後ろに合わせるから、遅れが発生しない
  • 中国・アメリカなど日本と特に国交のある国との入学時期が同じになる
  • 冬に就航しがちなインフルエンザなどの感染症での影響が少なくなる

デメリット

  • 入試のシステムを大幅に見直すことになり、膨大なコストがかかる。
  • 未就学児の入学と就職の時期が変わるコストは、企業に負担がかかる。
  • 法の改正など、すぐに決められない問題もある。
  • 学生の時期が延びる学年は、家庭の学費が増加する。
  • 入学・卒業時期に桜が咲かない。(超個人的なデメリットです)

並べてみると、メリット面が少し薄い気がしますね。
確かにアメリカや中国など、国交の深い国との足並みを揃えることはできますが、揃えずとも人材交流などは可能です。
しかしデメリットを見てみると、企業・家庭から法律まで多岐にわたって影響が大きいように思えます。

専門家の意見

では、教育専門家たちはどうおもっているのでしょうか?

尾木直樹さん

尾木ママとしても知られている尾木さんは、9月入学に賛成との意見です。
理由として、自身のブログでは

現在の子どもたちが夏休み、冬休みもなく、楽しみな修学旅行・合唱最中・部活、運動会も無し
加えて土曜日授業、7時間目
挙げ句の果てに
夏休み授業終わりで塾の夏季講座
熱中症覚悟してね過酷な生活
この開放策として
彼らの救済のために卒業を3月じゃ無くて8月まで延長して豊かな学校生活を保障することを考えたものです
引用:公式HPオギブロより

こう発言しています。
一貫して学生視点での考えですね。
国や大人はまず置いて、子供を第一に考えてあげようという姿勢が見て取れます。

内田良准教授

名古屋大学大学院准教授である内田氏は、9月入学には慎重な意見を述べています。

実現のためには様々な法令を変えなければならないし、あるいは就職や資格試験など、他の業界への影響があまりにも大きすぎる。
グローバルスタンダードに合わせられるというメリットはあるが、恩恵を受けるのは海外に留学したい、あるいは日本に留学しに来たいという、ごく一部の人たちだ。
そのために全てを動かすというのは、現時点では厳しすぎる。
それよりも留学のための資金のサポートなどをしてあげた方が良い。

引用:ABEMA/『ABEMA Prime』より

確かにグローバルスタンダードの恩恵を受けるのは一部の人たちだけかもしれません。
また突然の環境の変化についていけない学生もでるかもしれませんね。

スポンサードサーチ

学生の意見

日刊スポーツ新聞社によるアンケート

4/29に行われた同社のアンケートでは、917名が回答。うち10代の回答が

  • 賛成約20%
  • 反対約77%

と反対が優勢。

TOKYO FM他38局によるアンケート

TOKYO FMをはじめとする38局のワイドネット番組「SCHOOL OF LOCK」にて、37,471名が回答。

  • 賛成約53%
  • 反対約47%

と、賛成派が若干優勢な結果がでました。

個人としては、もし入学時期が遅れた場合、各学校の倍率が上昇するなどの問題があるから反対という意見が印象的でした。
特設サイトでは学生たちの生の声も見られるので、教育関係の方は一度見て欲しいですね。

世界の学校の入学時期

実際、どのくらいの国が9月に入学しているのでしょうか?
主な国をまとめました。

各国の入学時期

1月

シンガポール・マレーシア・バングラデシュ・南アフリカ

2月

オーストラリア・ニュージーランド・ブラジル

3月

韓国・アフガニスタン・アルゼンチン・ペルー・チリ

4月

パナマ・パキスタン・インド

5月

タイ

6月

フィリピン・ミャンマー

8月

ドイツ・スイス・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランド

9月

アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ベルギー・トルコ・モンゴル・中国・ロシア・イタリア・ポルトガル

10月

ナイジェリア・カンボジア・エジプト

8月・9月に多い国々は、ヨーロッパが中心ですね。
暖かいところは比較的冬に多いのではないでしょうか?

スポンサードサーチ

なぜ見送りになったのか

世論でも度々話題に上がり、安倍首相も有力な選択肢の一つとして検討もされました。
では、なぜ今回9月入学は見送りになったのでしょうか。

1学年当たりの学生が多くなりすぎる

当然と言えば当然ですが、半年遅らせて次の学年と一緒になるのであれば、当然学年当たりの人数は増えます。
文部科学省では例として、2014年4月2日から翌年の9月1日までに生まれた子供を1つの学年にした場合、1学年当たりの人数が約40万人増加し、教員や教室の確保・30以上の法律の改正が必要と指摘しました。

各自治体からは慎重論多数

実際に教育に携わる自治体からは、慎重論が実に8割にも上りました。

  • 職員の採用が間に合わず影響が出る。
  • まずは感染症対策に取り組みたい。9月入学を検討するのは感染症対策の後。
  • 半年遅れることで待機児童が増加してしまう

などの意見が中心となったようです。

2021年もコロナが流行したらどうなるのか

9月入学を見送る理由として上がった、入試への影響・1学年あたりの人数や年齢のひずみなどは2021年になっても解決される問題ではありません。
しかし、戦後から度々取り上げられてきた9月入学は、今回のコロナ禍で大きく注目されることになりました。

そして、尾木直樹さんや学生などにも賛成派がいる以上、また議論が交わされることになるでしょう。

それでは、また。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
卍フフーフ

卍フフーフ

3児の父。 好きなものは旅行・漫画・家族。 世界中どこでもクロックスで出かけます。

-ブログ
-,

© 2020 気まぐれなねじまき鳥 Powered by AFFINGER5